根管治療とは

根管治療は、歯を残すための最後の手段

通常、虫歯になった時は、虫歯菌に侵されているところを削り、代わりに詰め物や被せ物をして治療が終わります。しかし、こういった治療で済むのは、実は軽い虫歯だけなのです。まずは、虫歯には5つの段階があるというところから理解していきましょう。

CO(シーオー)

歯の表面は、エナメル質という固くて丈夫な素材でできています。そこに少しだけ虫歯ができている状態がCOです。この段階で見付かれば、削る必要すらありません。きちんとお口の中の状態をコントロールするだけで済むことがほとんどです。

C1(シーワン)

エナメル質に穴ができた状態です。この段階でも、まだほとんど痛みはありません。削って詰める治療を行いますが、麻酔は必要ありません。

(C2シーツー)

エナメル質の下には象牙質という、柔らかくて脆い素材があります。そこまで虫歯が侵食した状態がC2です。冷たい物がしみるようになります。また、多くの場合、麻酔をした状態で歯を削り、詰め物をします。

C3(シースリー)

さらに歯の内部には、歯髄(しずい)と呼ばれる歯の神経が通っています。そこまで虫歯が進行したのがC3で、激しい痛みに襲われます。虫歯を放置していた方も、この段階で痛みに耐え切れず、歯医者さんに駆け込むようになります。場合によってはお口の周りが腫れたり、全身に熱を持ったりすることもあります。歯を削って、被せ物をすることになります。

C4(シーフォー)

それでも虫歯を放置していると、歯の神経が死んでしまうため、逆に痛みはなくなります。しかし、虫歯菌の侵攻は止まりません。歯というのは、通常は頭の部分だけがお口の中に出ていますが、実は下には長い根っこがあります。その根っこまで虫歯が進んでいき、最終的には根っこに穴が開いて、歯を支えている骨まで虫歯菌に侵されてしまいます。ここまで虫歯が進んでしまうと、多くの場合、歯を抜くしかなくなります。

さて、虫歯にはいくつかの段階があり、徐々に進んでいくことが分かって頂けたかと思います。この中でも、C3やC4の状態になると、神経を取り、歯の根っこの中をきれいにお掃除する治療をしなくてはなりません。これが「根管治療」です。使用する器具や治療方法など、あらゆる点で通常の虫歯治療とは異なりますので、患者さんの中には驚かれる方もいらっしゃるかも知れません。ぜひ当サイトで根管治療のことを知っていって頂ければと思います。

根管治療の難しさ

根管治療を行う時は、肉眼では見えない、狭くて暗い歯の根っこの中を処置していくことになります。
それに、歯の根っこは枝分かれしていて、その数や形状は患者さんによって異なります。一方で、少しでも虫歯菌の取り残しがあれば、治療が終わったと思って被せ物をしても、また歯の中で菌が増殖してしまうことになります。
そのため、マイクロスコープと呼ばれる特殊な拡大装置や、先の細い歯を削る器具を使い、確実に虫歯菌を取り除くことが重要なのです。

根管治療ガイド 監修:瀧田歯科医院 TEL:03-5615-8424 お問い合わせ
根管治療ガイド 監修:瀧田歯科医院 TEL:03-5615-8424 お問い合わせ
瀧田歯科医院
 オフシャルサイト
よくある質問 症例 医院案内 根管治療とは 治療の流れ 治療後のかぶせ物 文京区ドクターズ interview Doctor's File ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました