根管治療後の被せ物について

根管治療には被せ物が必要?

根管治療を行うような歯は、上の部分(元々お口の中で見えていた部分)は虫歯菌に侵食されてなくなっていることがほとんどです。そのため、根管治療で歯の根っこの中がきれいになりましたら、最後は歯として機能する部分「被せ物」を作る必要があります。被せ物を作るための材料にはいくつかの種類があり、見た目の自然さや身体との相性、そして費用といった点でそれぞれメリットとデメリットがあります。実際に被せ物を作る際には、さらに詳細な説明をさせて頂いた上で、患者さんに納得のいく材料をお選び頂くようにしていますが、ここで簡単にいくつか紹介させて頂きたいと思います。

被せ物の材料

パラジウム合金

審美性
耐久性 ★★★★
特徴 保険が適用できる素材で、いわゆる「銀歯」と呼ばれるものです。もちろん、極力隙間ができないよう治療をしますが、接着する際に使用するセメントは、どうしても使用しているうちに少しずつ溶けてしまい、隙間ができやすくなるという特性があります。

オールセラミック

審美性 ★★★★★
耐久性 ★★★
特徴 セラミック(陶器)で作られており、白くて自然な仕上がりになります。ただし、耐久性がやや低く、大きな力が加わると欠けてしまう可能性があります。

メタルボンド

審美性 ★★★★
耐久性 ★★★
特徴 金属の上にセラミックを焼き付けたもので、見える部分は白くなっているので目立ちません。一方、金属アレルギーのリスクがある、透明感がなくなるといったデメリットがあります。

ジルコニアセラミック

審美性 ★★★★
耐久性 ★★★★
特徴 ジルコニアと呼ばれる白くて丈夫な素材の上に、セラミックを焼き付けたものです。金属を使わず、白くて丈夫な被せ物に仕上がります。

ゴールド

審美性 ★★
耐久性 ★★★★
特徴 金は、柔らかすぎず、固すぎず、歯とよく馴染むため昔から歯科治療に使われてきました。見た目さえ気にならなければ、金の被せ物もご検討されてみてはいかがでしょうか。
根管治療ガイド 監修:瀧田歯科医院 TEL:03-5615-8424 お問い合わせ
根管治療ガイド 監修:瀧田歯科医院 TEL:03-5615-8424 お問い合わせ
瀧田歯科医院
 オフシャルサイト
よくある質問 症例 医院案内 根管治療とは 治療の流れ 治療後のかぶせ物 文京区ドクターズ interview Doctor's File ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました