根管治療チェックリスト

根管治療が必要なケース

根管治療が必要になるのは、主に「虫歯がかなり進行してしまった時」、そして「以前治療したところが再発した時」です。痛みを感じることもありますが、神経が死んでしまった場合や、既に治療で神経を取ってある場合には、自覚症状がないまま進行していき、また歯の根っこまでやられてしまうことがあります。もし下記の症状がありましたら既に虫歯菌の繁殖が進んでいる可能性が高いので、できるだけ早めにご来院ください。

こんな自覚症状ありませんか?

  •  特定の歯が痛む。
  •  虫歯とは違う痛みがある。
  •  歯がうずく。
  •  歯がズンズンする。ズキズキする。
  •  食べ物を噛む時に違和感がある。
  •  口元が腫れている。
  •  頬や顎の周りが熱っぽい。

歯の中で虫歯菌が増殖し始めたら、できるだけ早く根管治療を始めて、進行を止めることが重要です。一つでも当てはまる方は、まずは診察だけでも受けるようにしましょう。

根管治療ガイド 監修:瀧田歯科医院 TEL:03-5615-8424 お問い合わせ
根管治療ガイド 監修:瀧田歯科医院 TEL:03-5615-8424 お問い合わせ
瀧田歯科医院
 オフシャルサイト
よくある質問 症例 医院案内 根管治療とは 治療の流れ 治療後のかぶせ物 文京区ドクターズ interview Doctor's File ドクターズファイル 当院のドクターが紹介されました